Vol.51:2016/05/01 西田まこと通信


2016年5月1日

この度の熊本県・大分県を中心に発生した大地震、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
災害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
余震は今なお続き、避難生活も深刻な課題が山積で、皆様のご心労いかばかりかと思います。
一日も早く安心して生活できるよう、公明党も党を上げて迅速に、的確に取り組んでまいります。

党として災害義援金口座も開設しています。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20160420_19773
ご協力いただき、大変にありがとうございます。
皆様の真心は日本赤十字社を通じて、被災地に届けさせていただきます。

東日本大震災が発生した2011年、公明党は震災関連だけで16本の議員立法成立に尽力しました。
避難生活の悩みや、復興を妨げる障害など、多様で複雑な課題を解決するためには、政治の力が不可欠です。
私も、被災した中小企業の事業者が、従来のローンと再建のためのローンとの二重払いに苦しむことになる状況を何とかしなくてはと、「二重ローン救済法」の制定に奔走しました。これまで670社以上の再建につながっています。

被災者の困難な状況は千差万別です。
公明党はこれからも国会議員と地方議員の強固なネットワークをフル回転させ、被災者一人一人にどこまでも寄り添ってまいります。
災害に強い国づくりのために、あらゆる方途を尽くし、精一杯働いてまいる決意です。

TOP