プロフィール


経歴

昭和37年 8月 東京都田無市(現・西東京市)生まれ
昭和56年 3月 慶應義塾高校 卒業
昭和56年 4月 慶應義塾大学 経済学部 入学
昭和57年 8月 中国・北京語言大学へ留学
昭和61年 3月 慶應義塾大学 経済学部 卒業
昭和61年 4月 (株)東洋経済新報社に入社
平成8年 『週刊 東洋経済』副編集長
平成15年 7月 公明党青年局次長
平成16年 7月 参議院選挙 埼玉選挙区で初当選
平成17年 党国際局次長(1月)、党労働局次長(12月)
平成18年 党団体局長(5月)、党副幹事長、党NPO局次長(10月)
平成19年 党宣伝局長(2月)、党中央規律委員(6月)、党広報局長(9月)
平成20年 党中央幹事、党関東方面協議会副議長(9月)
平成22年 7月 参議院選挙 埼玉選挙区で2期目の当選
平成24年 10月 公明党参議院国会対策委員長
平成25年 8月 公明党参議院幹事長

現在

各種委員会 内閣委員会理事
政治倫理の確率及び選挙制度に関する特別委員会理事
憲法審査会幹事
国家基本政策委員会委員
党役職 参議院幹事長、広報委員長
税制調査会事務局長
関東方面副本部長、埼玉県本部代表
内閣部会長代理
その他 埼玉車体整備協同組合政治連盟顧問
日本社会福祉愛犬協会名誉会長

基本情報

家族 妻、一男一女の四人家族
住所 埼玉県所沢市在住
スポーツ 剣道、バドミントン
好きな言葉 愚直に生きる
好きな本 『夜と霧』『代表的日本人』
長所 ねばり強い
著書 『日本元気宣言』『人民元・日本侵食』『まことの「底力」宣言』

まことグラフィティ(生い立ち)

昭和37年8月 東京都田無市(現・西東京市)生まれ

1-1自宅で、小さなプラスチック加工工場を営む父。
レコード針の部品作りで経営は順調でした。
母は病弱で入退院を繰り返していました。
私は幼いながらも母を喜ばせようと勉強を頑張っていました。
毎日懸命に働いていた父の背中がとても印象的で、 今でも町工場を視察すると懐かしく思い出されます。
小学校時代に習った剣道では、ネバリ強さを学びました。

昭和53年 慶應義塾高校 入学

1-2高校に入った頃、「CD」がブームになり、一気に父の工場の経営が傾きました。「高校をやめてもらうかも…」父に言われた厳しい現実。零細企業の辛さ・苦しさを肌身で感じました。
勉強は得意な方で、ありがたくも奨学金をいただき、高校を卒業することができました。バドミントン部ではキャプテン。
県大会ではベスト8まで行きました。家業を手伝いながら、勉強とスポーツに打ち込んだ3年間でした。

昭和56年 慶應義塾大学 経済学部 入学

1-3大学でも奨学金を借りられることになり、慶応義塾大学の経済学部へ。大学時代の最大の夢。それは中国への留学でした。
でも、お金はありません。
この時、お世話になった教授の援助によって無事に留学資金を確保できました。
今でも本当に感謝しています。

昭和58年 中国・北京へ留学

1-4私の中国へのあこがれは母の影響。旧満州に育った母が、敗戦後、中国の人たちに助けられたことへの感謝を何度も語っていて…。それがいつしか「日本と中国を結ぶ、大きな人間になりたい」という私の夢になっていました。
念願の中国・北京語言大学への留学。4畳半に2人住まいの「節約留学」の中で、懸命に勉強。
新しい中国の発展の勢いに驚いたことを覚えています。

昭和60年 (株)東洋経済新報社に入社

1-5卒業後、ジャーナリズムの世界へ!
とにかく現場で声を聞かなければ、真実は見えてこない。
平成3年に、中小・ベンチャー企業向けの月刊誌の創刊に携わったことをきっかけに、5年間で650人の経営者を取材。
百聞は一見にしかず。経営の現場を実際に肌で感じたことがその後の仕事にも大きなプラスになりました。

平成8年 『週刊 東洋経済』副編集長に

1-6そして『週刊 東洋経済』の副編集長に。アジア経済の担当として、中国、香港、タイ、アメリカなどに足を運びました。
平成10年、アジア通貨危機後の日本と中国を描いた『人民元・日本侵食』(二見書房)を執筆。
中国の発展を いち早く紹介したことが注目され、テレビ番組『サンデープロジェクト』 に出演するようになったのもこの頃です。

平成12年 『週刊 東洋経済』「巻頭特集」担当デスクに

1-7ジャーナリストとして最も心がけたのは「読者を元気にする」
「井の中の蛙にならぬよう世界情勢を伝える」そして「経済の枠を超えた様々な話題を提供する」ことでした。
こうした理念が奏功したのか、私が企画した「巻頭特集」が人気を得て、『週刊 東洋経済』過去最高部数を更新できたのもいい思い出です。

平成16年 参議院選挙において初当選

1-8ジャーナリスト生活を通して痛感したのが「真面目に働く人が報われる社会にしたい」との思いでした。
日本経済の分岐点である21世紀に、論じるだけでなく、自ら実行すべきだ、と思い立ち、参議院議員選挙への立候補を決意。
本当に多くの方々の熱い応援をいただき、初当選させていただきました。

TOP